門かぶりのクロマツの樹勢回復

樹木医:診断治療活動

門かぶりになっているクロマツの樹勢回復処置を施しました。

とても大切にされておられるようで、施主もかなり気にかけておられました。

葉色が悪く、チラチラと枯枝が出ていました。症状から葉枯病の疑いもありますので殺菌剤の散布をし、樹勢回復処置として土壌の膨軟化と施肥および活力剤を施用しました。

幸いまだ重篤な症例ではないようですが、引き続き経過観察と継続処置を図っていく予定です。

 


(樹木医、樹木診断・治療、大阪)


関連記事一覧