秋空に映えるジュウガツザクラ(十月桜)

blog みどりびんぐ

先日、所用で信州・長野市へ出向きました。

街の風景は大阪よりも季節が一足二足早く進んでいるようで、晴天でしたが空気はより涼しく感じられました。・・・

駅前のロータリーには、全身真っ赤になったヤマボウシが枝を広げ、大阪の街中ではとても見られない色合いにしばし見とれてしまいました。・・・

信州長野の紅葉
信州長野の紅葉 ヤマボウシ


また真っ赤な実がたわわについたナナカマドや大きな実の付いたトチノキに北国の風情を感じ、通りすがりの観賞でしたが何かと楽しいひとときでした。・・・

(トチノキの実の大きさがテニスボールほどもありビックリ!)
・・・

信州長野の紅葉 ナナカマド
信州長野の紅葉 トチノキの大きな実

・・・
先日、金剛山の麓にある樹木畑に出向きました。信州ほどではないですが大阪でも少しづつ秋を感じるようになってきました。

特に紅葉が目を引きます。・・・モミジはまだまだ色が薄いものもありますが、コマユミなどのニシキギの仲間やオトコヨウゾメなどのガマズミの仲間の真っ赤な紅葉がすばらしく、その奥深い色にとても風情を感じます。

コマユミの紅葉
コマユミの紅葉

その秋の気配ただよう林の中に、白っぽい八重咲きの小さな花がチラチラと風に揺れています・・・ジュウガツザクラ(十月桜)のようです。

秋空に映えるジュウガツザクラ
秋空に映えるジュウガツザクラ

このサクラは名前のとおり10月ころから咲き始め、10月から4月にかけて断続的に小さい花を咲かせます。
春の花のほうが少し大きく花つきも多いのですが、かえって春には他の花木の華やかさに隠れてしまってあまり目立ちません。むしろこの秋の時期のほうがより人目を引き、風情を増してくるように思います。

ソメイヨシノのように一斉に咲かないため地味な印象のサクラですが、この時期にサクラの花に出会うとなぜか得をしたような気がするのは私だけでしょうか。

その場所だけがほんのりとした温かさに包まれているようで、その小さく可憐な花とともにとても癒された気分になってしまいます。・・・

このサクラはあまり大きくならず、小さな庭にも使えそうですね。
秋に咲く特徴を活かして紅葉する樹木と共に植えるとより効果的で、桜と紅葉が同時に楽しめますよ。・・・


関連記事一覧